妊娠・出産

【二人目妊娠】妊娠中の過ごし方、やるべきことは?上の子ケアが最優先!

妊娠・出産

こんにちは、ゆう(@y_h_202012)です。

5歳差で二人目を妊娠し、第一子の子育てと二人目の妊娠生活にてんやわんやしています。

お腹が大きくなるにつれ、上の子につきっきりでいられるいまこの時間の貴重さを実感する日々…。

二人目妊娠中、なにを差し置いても一番大事なのは上の子のケア

限られた時間の中でやるべきことや過ごし方を考えてみました。

こんな人に読んでほしい
  • 二人目妊娠中のママ
  • 妊娠中、上の子との過ごし方に悩んでいるママ
二人目妊娠時のつわりの記録はこちら

二人目妊娠中にやるべきこと・過ごし方9選

夫婦二人だった一人目の妊娠時とはガラッと状況が違い、あっという間に過ぎてしまう二人目の妊娠期間。

赤ちゃんを迎えるまでの限られた時間でやっておくべきこと、おすすめの過ごし方をまとめました。

上の子のメンタルケア

赤ちゃんが産まれることは、上の子にとっても大きな変化ですよね。

中には妊娠中からママの変化を感じ取り、赤ちゃん返りが始まる子も…!

我が家の上の子は、一人っ子期間が長く、妊娠を伝えた当初は戸惑いからか赤ちゃんを拒否するような発言や態度がありました。

そのため、妊娠中は時間をかけて少しずつ、

  • ママのお腹に赤ちゃんがいること
  • お兄ちゃんになること
  • 4人家族になって、ますます楽しくなること

ということを理解してもらうように話しました。

普通に話をしてもなかなかこちらの想いは伝わらないと感じたので、

  • 赤ちゃんの誕生に関する絵本や兄弟の絵本を読む
  • 上の子が赤ちゃんだったころの話をする、写真を見る
  • お腹の赤ちゃんの名前を一緒に考える

など、まずは命の誕生や赤ちゃんそのものに興味を持ってもらえるようなアプローチをしました。

赤ちゃんについての絵本を何冊も一緒に読んでいるうちに、上の子がお腹の赤ちゃんに話しかけるようになったり、お腹を撫でてくれるようになったりと嬉しい変化がありましたよ。

\タイムセール祭り開催中!/
Amazon

上の子の写真整理

普段からまめに写真の整理をしている方には全く不要かもしれませんが、我が家の場合、写真整理が必須でした!

上の子のアルバム、1歳以降作れてない・・・

子供が一人の今でさえ大量の写真がスマホに埋まってわけがわからない状態…。

赤ちゃんが産まれる前になんとしても写真の整理とフォトブック作りをする予定です。

フォトブックはスマホからサクッと作れるアイプリがおすすめです。

業界初の7色印刷機による高画質印刷で思い出の写真をきれいに形に残すことができますよ。

スマホで最短3分かんたん作成♪

お下がりベビーグッズのお手入れ

上の子のときに使用したベビーグッズで、お下がりとして使えるものを選別し洗い直しをしました。

  • ベビーカーの座面
  • 新生児用チャイルドシートの座面
  • 抱っこ紐
  • ハイローチェアの座面
  • ベビードレス
  • 新生児用の洋服
  • ベビー布団一式

ベビーカーやハイローチェアの座面は一度オキシ漬けをしてから赤ちゃん用の洗剤で洗い直しをしています。

ベビー布団一式は宅配クリーニングのふとんLenetにお任せ。

添い寝するようになったら家族の布団にも触れるので、これを機に家族分の布団をまとめてクリーニングに出しました。

妊娠中に重たい布団をクリーニング屋さんまで運ぶのは大変なので、宅配が大助かり。

新品のようにふわふわの布団になって返ってきたので赤ちゃんを寝かせるのも安心です。

宅配クリーニングリネットについてはこちらの記事!

断捨離・大掃除・整理整頓

我が家は決して広くはない賃貸2LDK住まい。

快適に二人育児がスタートできるように、赤ちゃんを迎える前に思い切って断捨離を決行します。

長年着ていないのに捨てられなかった洋服類やいつか使うかも…と置いてあるものは処分!

\タイムセール祭り開催中!/
Amazon

また、上の子のおもちゃで赤ちゃんが誤飲の可能性のあるものについては収納の見直しを行う予定です。

小さなレゴで遊ぶのは赤ちゃんが寝ているときにするなど上の子とルールを決めようと思います。

上の子と一緒にマタニティフォトを撮影する

妊娠している期間はたった10ヶ月。

上の子と一緒に大きくなったお腹の写真を残しておくのはおすすめです。

私は上の子妊娠中にセルフでマタニティフォトを撮りました。

上の子にマタニティフォトを見せると、興味深そうに見てくれるので、簡単でもいいから記録しておいてよかったなと思います。

今回は上の子もいるのでセルフはハードルが高く、スタジオ撮影か、出張撮影fotowa(フォトワ) を検討中です。

パパと子供二人の時間に慣れてもらう

出産の入院中や産後に備えて、夫と上の子が二人で過ごす時間を意識的に作り、慣れておいてもらうようにしました。

また、普段私がほとんど一人で行っていた育児に関しても共有していざというときに備えています。

  • 朝の支度、幼稚園の持ち物準備
  • パパによる幼稚園までの送り迎え
  • 休日にパパと二人でお出かけ
  • かかりつけの小児科や皮膚科にパパと行ってもらう

これまでなんとなく私一人だけで担当していたことを、夫にも共有できていい機会になりました。

特に病院関連は引き継ぎ必須ですね!

上の子と二人でお出かけ

産後も意識的に上の子と二人の時間を作るつもりではいますが、どれくらい時間が取れるかは未知数…。

妊娠中の今は息子と二人でべったり過ごす時間を大切にしています。

二人で動物園に行ったり、外食に行ったりとなんてことのないことですが、出産までにできるだけたくさん行こうと思っています。

夫とのデート

上の子のことばかりに気が向きがちですが、赤ちゃんが産まれたら多くの場合、夫と二人で過ごせる時間は少なくなりますよね。

我が家は上の子が幼稚園に行っている時間帯に、余裕があるときには久しぶりに夫婦二人でランチを食べに行ったりしました。

これから家族が増えて、大変なことも増えるけど協力してやっていこうという決意表明?や、二人育児を始める前に育児の方針について改めて話し合ういい機会になったと思っています。

長いこと夫婦でお出かけしてないな〜という場合には、出産前に是非お出かけしてみてくださいね。

自分の体のメンテナンス

育児と妊娠生活に追われて、自分のことにはなかなか時間をかけれないというママが多いと思います。

でも第一子妊娠中よりも確実に歳をとっている訳で…

できるだけ出産後も若々しく綺麗なママでいたいので…

スキンケアやヘアケアはもちろん、妊娠線のケアも必須です!

妊娠線予防としてベルタ妊娠線クリームを使用していますが、しっとりとしたお肌になるのでおすすめです。

二人目妊娠中にやるべきこと・おすすめの過ごし方まとめ

二人目の妊娠期間は、上の子の育児に追われているので思った以上に一瞬で過ぎ去ってしまいます。

産後に後悔しないよう、赤ちゃんを迎える前にやるべきことを考えてみてくださいね。

もちろん体調が最優先です!

この記事を読んでくれた皆さんが楽しく充実したマタニティライフを送れますように。

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました