子育て 転勤族

育休明け退職をした私の体験談。理由はなに?会社の反応は?

子育て
育休ママ
育休ママ

育休復帰できないかもしれない。。

育休明けに会社をやめることはできないの?

会社はどんな反応するだろう?

悩める育休ママたちに、実際の私の体験談を記事にします。

自慢できることではありませんが、私は育休明けに会社を退職しました

理由は夫の転勤で引っ越すことになったからです。

私のように、育休で仕事から離れているうちに環境が変わり、復帰が困難になり悩んでいるママに参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

育休明けに退職は可能なの?

大前提として、育休は復帰を前提とした制度です。

復帰するつもりがない場合は育休を取得することなく退職すべきです。

しかし、やむを得ない事情で復帰せずに退職するママもいます。

平成30年度雇用均等基本調査では、平成30年度に育休を取得した10.5%のママが育休明けに退職していると発表しています。

やむを得ない事情とは?

では、育休復帰ができないやむを得ない事情とはどんなことがあるでしょうか?

以下のような理由が考えられます。

  • 保育園に入所できず、子供の預かり先がない
  • 出産後、自身の体調が悪化
  • 赤ちゃんの体調面、メンタル面の不安
  • 遠方への引っ越し

保育園の入所は未だに都市部では争奪戦ですし、出産や育児は思い描いていた通りにいくものではありません。

上記のような理由から退職を選ばざるを得ないママがいるのも事実です。

育休明けに退職…私の体験談

保活中に夫の転勤が決定…!

私は出産後に復帰する予定で、当時7年ほど勤めていた会社で育休を取得していました。

当時の仕事はかなりハードで、深夜残業や休日出勤もある職場でした。

同僚にはママさんはほとんどおらず、育休復帰後の働き方に不安を持っていましたが、その後のキャリアのことを考えるとなんとか復帰したいと思っていました。

しかし当時住んでいた地域は保活超激戦区。

必死に保活したものの、0歳クラスでは保育園に入所することができず、一年間育休を延長することに。

その後、範囲を広げて保活を継続している最中に夫に転勤の辞令があり、家族で引っ越すことが決まりました

引っ越し先は新幹線で二時間ほどの距離でした。

どうしても私が仕事復帰するのであれば、夫には単身赴任してもらい、私はワンオペで仕事と育児を行うという選択肢しかありません。

育休明けに復帰せずに退職するということに抵抗はありましたが、復帰は現実的ではないと判断し、退職することにしました。

復帰せずに退職することで、職場に迷惑をかけること、

モラルのない人間だと思われることが怖かったです。

上司に夫の転勤と転居を伝える

すぐに上司に電話し、

  • 夫が転勤になったこと
  • 地方に家族で引っ越しをすること
  • 復帰は困難であること

を伝えました。

上司の反応を恐れていましたが、淡々とこちらの話を受け入れてくれました。

私の当時勤めていた会社は社員数も多く、育休明けになんらかの事情で退職する女性は一定数いたので、珍しいことではなかったのかもしれません。

退職手続きと職場への挨拶

その後は人事部との書類のやりとりをして、あっさりと退職しました。

引っ越しと退職が重なったため、直接ご挨拶には伺えず、職場の方へはお詫びとお礼のメールを送り、後日お菓子も送りました。

育休明けに退職することに対しては、批判があって当然です。

しかし夫の転勤という理由だったため、引き止められたり咎められたりすることはなく、上司に話してからはあっという間に退職を迎えた感じでした。

退職後思ったこと

退職を決めた時は、インターネットでいろんな情報を調べては、「育休は復帰を前提とした制度」という文言を見て落ち込んでいました。

しかし、家族のあり方を考えた時に、当時私には退職がベストな選択肢でした。

会社は退職することになってしまったけど、別の道で社会に還元できるよう頑張りたいと思っています。

退職後は専業主婦を経験したのち、現在は在宅で仕事をしています。

育休明けの退職まとめ

この記事を読んでくださった方の中には、育休復帰ができずに悩んでいる方もいるかもしれません。

復帰が望ましいことはその通りですが、事情があって退職せざるを得ない場合もあります。

育休を取得させてくれた会社や同僚に感謝の気持ちを忘れずに、また別の道で社会に恩返しできるように頑張りましょう!

私も頑張ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました