お出かけ

【2021年クリスマス】レゴランド名古屋に4歳と行ってみた!おすすめアトラクションや混雑具合など写真多めでご紹介します

お出かけ

こんにちは、ゆう(@y_h_202012)です。

2021年の12月に名古屋市港区にあるレゴランド・ジャパン・リゾートに家族で遊びに行きました。

レゴランドといえば、オープン当初には

  • 入場料が高い
  • アトラクションがしょぼい
  • 食事がまずい

などとかなり酷評されていましたが、我が家が実際行ってみて実際どう感じたかと言うと…

幼稚園児〜小学校低学年くらいまでの子供を持つファミリーには色々とちょうどいい!

確かに大人目線では物足りなさを感じる部分は多いですが、子連れファミリーに特化しているテーマパークだと考えれば、かなり過ごしやすく快適でした。

少なくとも我が家はかなり楽しめました!

息子が喜んでいたアトラクションや大人目線でも楽しかったスポットなど、写真盛りだくさんでご紹介していきます。

近隣にはリニア・鉄道館やシーライフ名古屋など子供とのお出かけにお勧めの場所が多くあるので、レゴランド・ジャパン・ホテルに宿泊して数日楽しむのもお勧めです。

名古屋のレゴランド・ジャパンに4歳児と行ってきた!

我が家がレゴランドに行ったのは12月半ばの平日です。

滞在時間は11時〜16時と5時間ほどでしたが、かなり楽しむことができました。

12月だったので、レゴランド内の至る所にツリーやサンタさんが♪

クリスマス気分をたっぷり味わえました!

デュプロ・バレーでまずはひと遊び

レゴの中でもデュプロと呼ばれる、大きめのブロックをモチーフにした遊具や汽車のアトラクションのあるエリアがデュプロ・バレー。

よちよち歩きのお子さんでも安心して遊ばせることができるスポットです。

もちろんデュプロブロックで遊ぶこともできますよ。

オブザベーション・タワーからレゴランドを一望

高さ60mからレゴランドや名古屋の街を一望できます。

上空から見ると全体の配置がよくわかり、乗りたいアトラクションを見つけやすいですよ。

まず初めにオブザベーション・タワーに乗ってみて、一日の計画を立てるのもいいと思います。

サブマリン・アドベンチャーはレゴの世界と本物のお魚が融合していて面白い!

潜水艦に乗り込み、海底へ冒険に出かけます。私たちが行ったときは空いていたので、家族で一つの潜水艦を使えるところが嬉しかったです。

潜水艦はすぐに海底の世界へと進んでいきます。

レゴランドならではなのが、レゴで作られたお魚と本物のお魚が共存している世界を冒険できること

海底の王様と割と大きなサメ。サメは何匹も泳いでいて、迫力がありました。

我が家はみんなこのアトラクションが一番気に入りました!

再現性の高さに感激するミニランド

レゴで日本各地の名所を再現してあるミニランドは大人目線でも十分見応えがあります!

上の写真は東京・浅草。奥にスカイツリーや東京タワーも見えますね。

こちらは広島・宮島の厳島神社。

私が一番感激したナゴヤドーム!精巧に作られたドームの中に観客がずらり。

こちらの作品の総重量は軽自動車よりも重いらしいです…!

レゴ・ファクトリー・ツアーではレゴランド限定のレゴブロックがもらえる

レゴブロックが作られる工場の見学をすることができます。

最初に動画でレゴが作られる工程を見た上で実際に動いている機械を見ることができます。

見学といっても10分程度のツアーなので、小さな子供でも飽きずに見ていられますよ。

最後にお土産としてオリジナルのレゴブロックがひとりひとつ貰えます。

お土産のブロックの絵柄は時期によって変わるそうです。

記念になるね!

お土産にはミニフィグ作りが楽しくておすすめ!

レゴランド内のミニフィギュア・マーケットでは、ミニフィグと呼ばれる、オリジナル人間パーツを作ることができます。

  • 髪型、帽子
  • 上半身
  • 下半身
  • 小物

の5点をたくさんあるパーツの中から自分で選んで組み合わせます。

家族3人で一体ずつ作成しました。

完成したのがこちら!

それぞれ個性があって面白いですよね。

お家でのレゴ遊びがますます楽しくなりそうなお土産です。

レスキュー・アカデミーで憧れの消防士さん体験

全男児の憧れ、消防車がズラリ!

消防車で火事の現場に出動して、消化活動をするアトラクションです。

写真左に映っている黒いレバー(結構重い)を動かすと消防車が前に進む仕組みなので、親は必死でレバーを動かすことになります。終わる頃には結構ヘトヘトです。

6台の消防車が同時に出動して、他の消防車と競争するので盛り上がって楽しかったです。

ジュニア・ドライビング・スクールは3歳から一人でゴーカートに乗れる

ジュニア・ドライビング・スクールは3歳から5歳の子供限定で参加することができるアトラクションです。

6歳以上の子供は隣接しているドライビング・スクールに参加できます。

多くの遊園地では3歳くらいだと親同伴でないとゴーカートには乗れないことが多いですが、レゴランドでは一人で乗ることができます。

アクセルを踏み込み、ハンドルで操作する本格的なアトラクションですが、スピードはでないので安心です。

縁石や他の車とぶつかったりすると、スタッフの方が助けに来てくれます。

息子は一人で憧れの車に乗れたことに大満足していました。

コースト・ガード・エイチキューは船の運転も

二人乗りのボートに乗り込み、水路を一周できるアトラクション。

このボートはレールの上を走るわけではなく、完全に自由に動くところが面白くて、難しい!

子供が運転していると、たびたび壁に激突しますが、それが楽しかったようで息子は大喜びしていました。

点在するアスレチックに子供は大興奮!時間配分に注意

レゴランド内には子供たちが自由に遊べるアスレチックが点在しています。

パイレーツショア内のアスレチック。

レゴシティ内のアスレチック。

アドベンチャー内のアスレチック。

アスレチックはどれも立派で子供は大喜びですが、ここで時間を使いすぎてしまうとアトラクションに乗れなくなってしまうこともありそうです。

時間配分に気をつけてアスレチックは楽しみましょう!

レゴブロックで遊べるエリアもたくさんあるよ

デュプロ・バレー内では、普通のブロックに比べて大きなデュプロブロックで遊べます。

サブマリン・アドベンチャーを出たところにもレゴスペースが。

一番息子が楽しんでいたのが、この水上にレゴがたくさんあるエリア!

コースト・ガード・エイチキュー近くにあります。

ここではレゴでボートを作って、水に流して遊ぶことができるんです。

作ったボートを上流から勢いよく流すと…

水の流れに乗ってボートがどんどん進んでいきます。

息子は大興奮で何度も何度もボートを流していました。

服がびしょびしょになること必至です!

着替えがあると安心です。

レゴランド基本情報

施設名レゴランド・ジャパン・リゾート
住所名古屋市港区金城ふ頭二丁目7番地1 
問合せ先0570-05-8605
開館時間・休館日https://www.legoland.jp/operation/info/opening-hours/opening-hours/
公式HPhttps://www.legoland.jp/

まとめ:レゴランドはテーマパークデビューのファミリーや小さな子供がいるファミリーにおすすめ!

4歳児連れのレゴランドは一日遊べて大満足でした。

なにより混んでないのが子連れには最高!

  • 小学生までの子連れファミリー
  • 空いているテーマパークでのびのび遊びたい
  • テーマパークには行き慣れていない

こんなご家族にはぜひレゴランドをおすすめします!

ご家族で楽しい一日を過ごしてきてくださいね。

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました