子育て 暮らし 転勤族

ママ友って怖い?めんどくさい?転勤族ママこそ良いママ友関係を【幼稚園〜小学校】

子育て

こんにちは、ゆう(@y_h_202012)です。

”ママ友”って言葉、なんだか不穏な響きしますよね。

  • ママ友って怖そう
  • ママ友付き合いってめんどくさそう
  • マウンティングされそう

なんて、ネガティブなイメージ持ってる方も多いと思います。

私もず〜っとそう思ってました。

人見知りだし、めんどくさがりだし、ママ友とかいらないかな…って。

でも転勤育児を経験し、今は私はこう思います。

転妻こそママ友が必要!

ママ友の世界は適切な距離を保てば意外に楽しい!

この記事はこんな疑問にお答えします
  • 転勤族にママ友って必要?
  • ママ友ってめんどくさそう・・・
  • ママ友付き合いにコツはある?

私は今までに子連れ引っ越しを4回経験しています。

そんな孤独育児中、ママ友に助けられたことは数知れず

逆にめんどくさかったことも、疲れたこともあります

この記事ではその経験の中で心得えた、転妻ならではのママ友付き合いについてまとめます。

転妻ママはもちろん、転勤ないよ〜というママにも読んでもらいたいです。

スポンサーリンク

転勤族こそ ”ちょうどいい” ママ友が必要

転勤族は引っ越しが頻繁にあるのだから、ママ友作っても無駄じゃない?なんて思いがちですが、少なくとも私は以下の理由からそうは思いません。

  • 育児は周囲のサポートが必要
  • 仮にママ友関係がうまくいかなくても転勤でリセットされる
  • ママ友付き合いで自分の世界が広がることもある

転妻こそ、”ちょうどいい” ママ友がいると毎日がグッと楽しくなったりします。

この、 “ちょうどいい” という点については後述します。

育児は周囲のサポートが必要

転妻ははっきり言って最初は孤独です。

知り合いのいない土地に引っ越すのだから当然ですよね。

親や友人が周囲にいないことに加え、夫の仕事が多忙な場合は、ワンオペ育児で孤独感がどんどん募り精神的に苦しむ場合もあります。

子供を通じてママ友を作ることは、転妻が転勤先で人間関係を築く手っ取り早い方法です。

周囲のサポートが必要なんていうと、知り合ったばかりのママ友にサポートなんてお願いできないよ!と思うかもしれませんが、そういうことではありません。

育児について困ってることを少し話せたり、幼稚園や小学校のことでわからないことを気軽に聞けたり、その程度のママ友がいるだけでも十分心強いもの

子供に聞いてもいまいちわからないし、プリントもなくした…なんてこと、子育てしてるとしょっちゅうありますよね。

いちいち幼稚園や学校にに電話するのもめんどくさいし迷惑だし…

そういうことを気軽に聞けて情報交換できるママ友が欲しいのです!

気の合う人とは徐々に仲良くなればいいのですから、最初は気軽に話ができるレベルのママ友を作ってみてください。

仮にママ友関係がうまくいかなくても転勤でリセットされる

ママ友は、子供を通して友達になるというちょっと特殊な友達なので、トラブルが起きたり、付き合いがうまくいかなかったり…ということも多いです。

引っ越しのたびに人間関係がリセットされるというのは、転勤族のデメリットでもありますが、ママ友を作る上では気楽なことは間違いないです。

数年で引っ越すんだから、苦手な人と無理して付き合う必要はなし!

ママ友付き合いで自分の世界が広がることもある

ママ友は自分で選んだ友人ではない分、今までの自分の世界では出会わなかったような人と知り合って仲良くなることもあります。

実際に私は、ママ友として出会わなかったら絶対に仲良くならなかっただろうな〜という方と仲良くなったりしました♪

そのママはいつもコスプレっぽい格好してたり、髪の毛が緑だったりと今までの友人には全くいないタイプの見た目をしていて、子供というきっかけがなければ喋ることもなかったと思います。

でも話してみると、すごく気があって楽しかった!

自分で選んだ友人じゃないからこそ、新しいタイプの友人が出来て、世界が広がるな〜と思った出来事です。

ママ友付き合いで注意したいこと

学校や職場は、ある程度自分と同じような価値観や経済環境の人が集まっていることが多いですが、ママ友の世界ではそうではありません…

適切な距離を保ってお付き合いすることが何よりも大事です!

本当にいろんな人がいる…!

付き合い方を間違えるとトラブルになることもあります。

私が転妻として新しくママ友付き合いを始めるときに気をつけていることは以下です。

  • 基本は笑顔で挨拶!
  • SNSでは極力繋がらない
  • 自分にとって ”ちょうどいい” ラインを決めておく

基本は笑顔で挨拶

そんなの当たり前でしょ!って感じかもしれませんが、転妻として新しくママの和に入っていくときはこの当たり前を徹底しておいて損なことはありません。

自分からなかなか話しかけれないという私みたいな人も、とりあえず笑顔で挨拶をしておけば、悪い印象を抱かれることはないので、安心です。

SNSでは極力繋がらない

ママ友とSNSで繋がることは極力避けるようにしています。

SNSでのやりとりは顔を合わせたやりとりじゃない分、誤解や勘違いが生じやすく、トラブルにも発展しやすいと思うからです。

SNSのアカウントを聞かれたら、『やってないんだ〜』で乗り切る。

LINEは聞かれれば交換しますが、最初に『あんまり見ないから、返信は遅くなるかも』と予防線を張っておきます。

自分にとって “ちょうどいい” ラインを決めておく

自分にとって、どれくらいの関係が居心地がいい関係なのかはっきりさせておくといいです。

例えば私の場合は、

  • お互いの家に行き来はしたくない
  • 一緒に外でランチやお茶くらいならしたい
  • 連絡をマメにとるのはめんどくさい

こんな感じなので、もしママ友からお家にお呼ばれしても基本はお断りするようにしています。

気乗りのしないお誘いを最初にOKしてしまうと、後々めんどくさいことになりがちです。

だったら最初からサクッとお断りした方が絶対楽。

自分の決めたちょうどいいお付き合いを続けていく中で、本当に気が合いそうだなと思った時は、そこから距離を縮めてもいいですよね。

そのときはママ友ではなく、普通の友達になった感じです♪

まとめ:ママ友関係も結局は他の人間関係と同じ

転妻にママ友が必要な理由と付き合う上での注意点をまとめました。

ママ友というと身構えてしまう雰囲気がありますが、結局は職場や学校などの人間関係と同じ

近づきすぎるとトラブルが生じやすくなるし、適切な距離を保っていいお付き合いをすれば気持ちよく過ごせます。

せっかくならば同じ時期に子育てしている者どうし、助け合って仲良く過ごせたらいいですよね。

少しでも参考になりましたら幸いです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました